HOME書籍検索近代日本のセクシュアリティ 全35巻 > 近代日本のセクシュアリティ 第6回配本 全6巻

近代日本のセクシュアリティ 第6回配本 全6巻

近代日本のセクシュアリティ 第6回配本 全6巻
同性愛言説・性教育から見るセクシュアリティ

[編] 古川誠

揃定価92,880円(揃本体86,000円) 
ISBN 978-4-8433-3201-6 C3336
A5判上製/カバー
刊行年月 2009年06月

本書の内容

近代日本のセクシュアリティ 第30巻 同性愛のルポルタージュ

刊行年月 2009年06月 定価19,440円 (本体18,000円) IISBN978-4-8433-3202-3 C3336

流山竜之助による実名風小説『エロ・グロ男娼日記』。戦後に「男娼」という言葉を定着させた『男娼の森』、著者の冷徹な観察眼の光る『ゲイ』、いずれの著書にも、混沌とした世相の「底」がくっきりと映し出されている。
 
『エロ・グロ男娼日記』昭和六年/三興社発行/流山竜之助[著] 
【目次から】朝から夜中まで/いゝ鴨、悪い烏/打ち明けられたメカケの直談/ブル紳士とドライブした話/新聞記者の来襲/銀座街頭へ進出/留置場の一喜劇/男がオトコに恋したら/仇な情けにホダされて/新婚のゆめ

『男娼の森』昭和二十四年/日比谷出版社発行/角達也[著]
【目次から】序(阿部真之助)/男娼の森/どん底の性欲/跋(菊岡久利)/あとがき

『ゲイ』昭和三十三年/東京書房発行/富田英三[著] 
【目次から】そのはじめに/ママ青ちゃん/咲き乱れる隠花植物/男色者の手紙/変質の群/蘭子/リズのパンティ/結婚の生態/S・BとM&W/ゲイと少女/発生/系図/美少年ケニーと自殺したミチル/ドールのおしげ/演技派ハリー/第三の性/カマンチ族/女装癖者/ゲイという言葉?/ニューヨークの谷間/ニューヨークの黒い女装の男/そのおわりに

近代日本のセクシュアリティ 第31巻 戦後小説に描かれた同性愛

刊行年月 2009年06月 定価18,360円 (本体17,000円) IISBN978-4-8433-3203-0 C3336

「第三の性」を描くことに取り組んだ二冊を収録。「異例なあり得べからず物語」(太田典礼・『そどみあ挽歌』序文)に描かれる世界には、戦後という時代が色濃く影を落としている。
 
『そどみあ挽歌』昭和三十三年/新鋭社発行/扇屋亜夫[著]
【目次から】異例な書(太田典礼)/見えない無数の人々へ(比企雄三)/世の皮相な観念を是正(原比露志)/体験と事実の裏付(角達也)/世紀の謎の究明(橋爪檳榔子)/門外漢(長崎謙二朗)/紅いベレエ/雁来紅の家/薔薇盗人/素朴な活火山/そどみあ無頼/ひと夜の情熱/絶望への前夜/肉体への反逆/白い情欲/そどみあ遍路/白い血の猟人/そどみあ挽歌/磐梯のホルムス/港の見える丘/氷雨の夜/バアのひととき/外道/跋(武野藤介)

『男色の部屋』昭和三十四年/光書房発行/樫村幹夫[著]
【目次から】第一章 三面鏡の秘密/第二章 愛と遊戯/第三章 情事の記憶/第四章 かわいた行為/第五章 男色の美学

近代日本のセクシュアリティ 第32巻 戦前性教育

刊行年月 2009年06月 定価17,280円 (本体16,000円) IISBN978-4-8433-3204-7 C3336

赤津誠内(一八八六~一九七三)は、アメリカ留学時代の野口英世との交流が著名である。性科学全般を取り扱っている本書は、「性欲現代に置かれる位置」「夫婦が知らねばならぬからだの相違」という見出しからもうかがえるように、より啓蒙的な性格を持って書かれている。
 
『性典』 昭和二年/誠文堂発行/赤津誠内[著]
【目次から】人生を創作して来た性欲/性欲の言葉としての明暗/夫婦が知らねばならぬ身体の相異/否認の研究と不妊の悲哀/処女に説明すべき性の諸相/若返り法、性欲増進その他/人生を暗黒にする婦人病/最も恐るべき黴毒/不品行を示す軟性下疳/執拗な淋毒/簡易なる花柳病予防法

近代日本のセクシュアリティ 第33巻 戦後性教育

刊行年月 2009年06月 定価16,200円 (本体15,000円) IISBN978-4-8433-3205-4 C3336

戦後の性教育の潮流であった「純潔教育」を指導という観点からまとめられた本書は、戦前との性教育の立場の異なりを明確に示し、当時の「思想と性の解放」への対応を考えて編まれた一冊である。
 
『純潔指導』〈別冊附録:純潔読本 十代のための心理と生理〉昭和二十九年/日本文化科学社発行/鈴木清・間宮武[著]
【目次から】はしがき/第一篇 純潔指導のねらい(純潔指導の必要/性の特殊性と指導の困難性)/第二篇 性の発達(性の発達の諸相/子どもにおける性の身体的・行動的発達/性に関する人間関係の発達/性の社会的展開と適応)/第三篇 純潔指導の計画(純潔指導の形態と準備/純潔指導に適当な時期/指導の機会と担当者/指導内容とカリキュラム)/第四篇 純潔指導のための資料と実践上の留意点(教材のあたえ方/おとなになること/成熟期への到達/明るい交際/幸福な結婚)/引用文献/別冊附録:純潔読本十代のための心理と生理

近代日本のセクシュアリティ 第34巻 性の煩悶

刊行年月 2009年06月 定価11,880円 (本体11,000円) IISBN978-4-8433-3206-1 C3336

明治四十三年の刊行「性欲倫理」(フォーレル)は「道徳と性欲の新たなる調和をめざす」(訳者跋文)とし、自然主義の流行による無自覚な「性欲賛美」に警鐘を鳴らしている。戦後昭和二十五年刊行の「学生の性科学」は、執筆陣の学生に対するフランクな語り口がユニークな一冊である。
 
『性欲倫理』明治四十三年/雑誌之雑誌社発行/フオーレル[著]/雑誌之雑誌社[抄訳]
【目次から】緒言/一般的倫理/性欲倫理 

『学生の性科学』昭和二十七年/山海堂発行
橋爪一男・渡辺一夫・河盛好蔵・田辺貞之助・山崎正一[共著]
【目次から】学生の愛情発展/学生の性本能/学生の性生理(橋爪一男)/学生の恋愛(山崎正一)/学生の性倫理(田辺貞之助)/〈質問と答〉学生の肉体的恋愛煩悶(河盛好蔵)/学生の精神的恋愛煩悶(渡辺一夫)/学生の肉体的性煩悶(橋爪一男)

近代日本のセクシュアリティ 第35巻 アンソロジー 文藝作品に描かれた同性愛

刊行年月 2009年06月 定価9,720円 (本体9,000円) IISBN978-4-8433-3207-8 C3336

【主な収録内容】「小歴史家」(西村酔夢)/「給仕の室」(日下■)/「君と私と」(里見弴)/「小さき世界」(武者小路実篤)/「女人神聖」(谷崎潤一郎)/「晩秋の懊悩」(綿貫六助)/「丘の上の家」(綿貫六助)
※「■」は、「言」に「念」です。