HOME書籍検索近代日本のセクシュアリティ 全35巻近代日本のセクシュアリティ 第6回配本 全6巻 > 近代日本のセクシュアリティ 第32巻

近代日本のセクシュアリティ 第32巻

近代日本のセクシュアリティ 第32巻
戦前性教育

定価17,280円(本体16,000円) 
ISBN 978-4-8433-3204-7 C3336
刊行年月 2009年06月

オンライン書店

オンライン書店で『近代日本のセクシュアリティ 第32巻 戦前性教育』の情報をチェックする

本書の内容

赤津誠内(一八八六~一九七三)は、アメリカ留学時代の野口英世との交流が著名である。性科学全般を取り扱っている本書は、「性欲現代に置かれる位置」「夫婦が知らねばならぬからだの相違」という見出しからもうかがえるように、より啓蒙的な性格を持って書かれている。
 
『性典』 昭和二年/誠文堂発行/赤津誠内[著]
【目次から】人生を創作して来た性欲/性欲の言葉としての明暗/夫婦が知らねばならぬ身体の相異/否認の研究と不妊の悲哀/処女に説明すべき性の諸相/若返り法、性欲増進その他/人生を暗黒にする婦人病/最も恐るべき黴毒/不品行を示す軟性下疳/執拗な淋毒/簡易なる花柳病予防法