HOME書籍検索 > 写真が語る 地球激変

写真が語る 地球激変

写真が語る 地球激変

[著] フレッド・ピアス [訳] 鈴木南日子

定価7,344円(本体6,800円) 
ISBN 978-4-8433-2759-3 C0044
B4変形(288×226mm)上製/カバー装/オールカラー/288頁
刊行年月 2008年01月

関連情報

オンライン書店

オンライン書店で『写真が語る 地球激変』の情報をチェックする

本書の内容

2008年1月、世界同時出版!溶ける氷山、干上がる海、拡大する砂漠、都市開発と森林破壊。地球温暖化や気温の変化など、世界各地の過去と現在を対比する250組500余枚の写真を掲載。地球環境の衝撃的な変化がはっきりとわかる。

【日本図書館協会選定図書】【全国学校図書館協議会選定図書】

目次

1 激変する「地球環境」
2 世界中で進む「都市化」
3 拡大し続ける「土地開発」
4 底知れぬ「自然の脅威」
5 果てしなく続く「戦争と紛争」
6 さらに追求される「娯楽・文化」

◆1◆ 激変する「地球環境」
トリフト氷河(スイス)/コルディエラ・ブランカ(ペルー)/グリンネル氷河(アメリカ)/ローヌ氷河(スイス)/ウプサラ氷河(パタゴニア)/シュティーレック・レストラン(スイス)/キリマンジャロ山(タンザニア)/フィルヒナー棚氷(南極)/ラーセンB棚氷(南極)/北極海(北極)/洞庭湖(中国)/ベネチア(イタリア)/黄河(中国)/ヒッツァッカー(ドイツ)/チャド湖(アフリカ)/ライン川(ドイツ)/アラル海(カザフスタン/ウズベキスタン)/モルディブ共和国(インド洋)/キャリスフォート・リーフ、フロリダキーズ(アメリカ)/サハリン(樺太)の森(ロシア)/天安門広場 北京(中国)/オゾン層(南極)

◆2◆ 世界中で進む「都市化」
香港(中国)/アバディーン・ハーバー 香港(中国)/ドバイ(アラブ首長国連邦)/メキシコシティ(メキシコ)/サンフランシスコ(アメリカ)/サンフランシスコ市庁舎(アメリカ)/シアトル(アメリカ)/サンタクルス(ボリビア)/東京(日本)/ブエノスアイレス(アルゼンチン)/スカイ橋(スコットランド)/ミヨー橋(フランス)/スプロゴ島(デンマーク)/ニース渓谷(ウェールズ)/北京(中国)/パウリスタ通り サンパウロ(ブラジル)/カトマンズ(ネパール)/シドニー(オーストラリア)/ジブラルタル(地中海)/カナリーウォーフ ロンドン(イギリス)/ソウル(韓国)/ダウンタウン(シンガポール)/ビルバオ(スペイン)/ラスベガス(アメリカ)/ロサンゼルス(アメリカ)

◆3◆ 拡大し続ける「土地開発」
グレン渓谷(アメリカ)/三峡ダム(中国)/アタテュルク・ダム(トルコ)/アナトリア(トルコ)/パナマ運河(中央アメリカ)/ワディ・アス・シルハン(サウジアラビア)/マチャラ(エクアドル)/アルメリア(スペイン)/パラー(ブラジル)/ロンドニア(ブラジル)/亜熱帯林(南米)/ギフォード・ピンショー国有林(アメリカ)/ビンガム渓谷(アメリカ)/アタカマ砂漠(チリ)/ヨーク岬(オーストラリア)/ナウル(太平洋)/バンクーバー(カナダ)/諫早湾(日本)/プリピャチ(ウクライナ)/サン・ピエトロ大聖堂ローマ(イタリア)/クアラルプール(マレーシア) 

◆4◆ 底知れぬ「自然の脅威」
スルツェイ島(大西洋)/ヘイマイ島(大西洋/セント・ヘレンズ山(アメリカ)/キラウエア山(ハワイ)/モントセラト(カリブ海)/ピナトゥボ火山(フィリピン)/クック山(ニュージーランド)/バム(イラン)/アンカレジ アラスカ(アメリカ)/ユンガイ(ペルー)/マクリー(パキスタン)/スカーバラ(イギリス)/12使徒(オーストラリア)/アチェ(スマトラ)/ニューオーリンズ(アメリカ)/ニューオーリンズ(アメリカ)/ベチボカ川(マダガスカル)/ミズーリ川(アメリカ)/サウス・ダコタ(アメリカ)/アタカマ砂漠(チリ)

◆5◆ 果てしなく続く「戦争と紛争」
パッシェンデール(ベルギー)/ソンム(フランス)/ロンドン(イギリス)/カーンノルマンディー(フランス)/ーエンツォレルン橋 ケルン(ドイツ)/聖母教会 ドレスデン(ドイツ)/レニングラード(ロシア)/タラワ(太平洋)/トリニティー・サイト ニューメキシコ(アメリカ)/長崎(日本)/広島(日本)/メコン川(ベトナム)/メソポタミア湿原(イラク)/ブランデンブルク門 ベルリン(ドイツ)/モスタル橋(ボスニア)/ベイルート(レバノン)/ルキリーヤ(パレスチナ)/ツインタワー(アメリカ)

◆6◆ さらに追求される「娯楽・文化」
ラシュモア山(アメリカ)/ルクソール神殿(エジプト)/バーミヤン渓谷(アフガニスタン)/マヤ神殿(中央アメリカ)/クレオパトラの針(エジプト/イギリス)/ロンドン橋(イギリス/アメリカ)/万里の長城(中国)/青海チベット鉄道(チベット)/ウッドストック(アメリカ)/ツェルマット(スイス)/ツークシュピッツェ山 バイエルン(ドイツ)/コーンウォール(イギリス)/ダル湖(インド)/パリ(フランス)/ジュメイラ・ビーチ ドバイ(アラブ首長国連邦)/ベニドーム(スペイン)

著者紹介

フレッド・ピアス 過去15年以上に渡り世界各国の科学、環境、開発問題について報道。「ニュー・サイエンティスト」誌の環境コンサルタントであり『インディペンデント』紙にも定期的に寄稿。WWF、国連環境プログラム、赤十字、ユネスコ、中間技術開発グループなどにもレポートや記事を執筆、ピアスの著書は8カ国語に翻訳されている。

翻訳者紹介

鈴木南日子(スズキナビコ) 1971年東京生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。生命保険会社勤務後、イギリスに留学し、ロンドン大学バークベックカレッジにて修士号(映画史)を取得。主な訳書『カート・コバーン:ニルヴァーナ・デイズ 完全クロニクル』(ブルース・インターアクションズ)