HOME書籍検索国民服・衣服研究 全8巻国民服・衣服研究 第2回配本 全4巻 衣服研究 1942(昭和17)年10月〜1944(昭和19)年11月  > 国民服・衣服研究 第7巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)春季版・夏季版・秋季版

国民服・衣服研究 第7巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)春季版・夏季版・秋季版

国民服・衣服研究 第7巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)春季版・夏季版・秋季版

定価19,800円(本体18,000円) 
ISBN 978-4-8433-5612-8
刊行年月 2020年02月

オンライン書店

オンライン書店で『国民服・衣服研究 第7巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)春季版・夏季版・秋季版』の情報をチェックする

本書の内容

●『衣服研究』春季版 三巻四号 昭和18年4月
特集グラフ 勝ち抜くための銃後男子衣生活展/新生活実践の決断(吉岡弥生)/防空服装日街頭調査報告(森岩謙一)/防空服の日常化へ(杉野芳子)ほか
●『衣服研究』夏季版 二十号 昭和18年7月
南方の衣服(田中千代)/決戦衣生活の確立/決戦下簡素化された国民衣料所持標準案/和服更生暑熱用国民服乙号の作り方(大日本国民服協会技術部)ほか
●『衣服研究』秋季版 二十一号 昭和18年10月
醜い晴着と式服(清水幾太郎)/伝統の良さと深さ(鳴海碧子)/新編 国民服読本ほか