HOME書籍検索国民服・衣服研究 全8巻国民服・衣服研究 第2回配本 全4巻 衣服研究 1942(昭和17)年10月〜1944(昭和19)年11月  > 国民服・衣服研究 第6巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)1月号〜3月号

国民服・衣服研究 第6巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)1月号〜3月号

国民服・衣服研究 第6巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)1月号〜3月号

定価19,800円(本体18,000円) 
ISBN 978-4-8433-5611-1
刊行年月 2020年02月

オンライン書店

オンライン書店で『国民服・衣服研究 第6巻 『衣服研究』1943年(昭和18年)1月号〜3月号』の情報をチェックする

本書の内容

●『衣服研究』一月号 三巻一号 昭和18年1月
特集グラフ 独・ソ防寒衣服の戦ひ/戦時下礼装の研究〔明治より現代に至る礼装の変遷(江馬務)/女子の礼装をどうするか? あるがままの姿に新しい型を(杉野芳子)〕/“断袖細袴”(川合玉堂)/比島画信(猪熊弦一郎)/着物の美しさ(三岸節子)ほか
●『衣服研究』二月号 三巻二号 昭和18年2月
特集グラフ ほぐし銘仙の工程/特集・国民学校教職員の服装問題〔男子教員の云ひ分 無言の影響(今井誉次郎)/各人各説 お様子拝見(ハガキ回答)〕/冬の俸給生活者服装調査(庄司光)ほか
●『衣服研究』三月号 三巻三号 昭和18年3月
戦時下の審美学(村岡花子)/帰還作家に訊く南方衣服(火野葦平)/洒落てわかる簡素の美(草野天平)/衣服の“用”の効用(山口誓子)/衆とともに協力(成田順)/衣料切符第一回消費調査(東京市役所)ほか