HOME書籍検索国民服・衣服研究 全8巻国民服・衣服研究 第1回配本 全4巻 国民服 1941(昭和16)年10月〜1942(昭和17)年9月 > 国民服・衣服研究 第1巻 『国民服』1941年(昭和16年)10月号〜12月号

国民服・衣服研究 第1巻 『国民服』1941年(昭和16年)10月号〜12月号

国民服・衣服研究 第1巻 『国民服』1941年(昭和16年)10月号〜12月号

定価19,800円(本体18,000円) 
ISBN 978-4-8433-5606-7
刊行年月 2019年10月

オンライン書店

オンライン書店で『国民服・衣服研究 第1巻 『国民服』1941年(昭和16年)10月号〜12月号』の情報をチェックする

本書の内容

●『国民服』十月号 一巻一号  昭和16年10月
文化人の奮起(火野葦平)/南方の生活設計(小山栄三)/臨戦態勢下の生活を語る〈座談会〉(窪川稲子・阿部静枝・三岸節子・成田順・岩本許子・高良富子)/衣服の臨戦態勢(氏家寿子)/国民服の頁 国民服と日本精神(石原通)ほか
●『国民服』十一月号 一巻二号 昭和16年11月
ドイツの被服資材(増田抱村)/農村服装を語る(今和次郎)/制服論(田中俊雄)/特集・臨戦生活と絹科学/随筆・郷里にて(中山省三郎)/国民服の頁 国民服の着方と心構へ(斎藤佳三)ほか
●『国民服』十二月号 一巻三号 昭和16年12月
戦線と銃後(荻州立兵)/満州国の文化施設(春山行夫)/公募 婦人標準服の発表/女は常に美しくあれ(伊東深水)ほか