HOME書籍検索社史で見る日本経済史 第6期社史で見る日本経済史 第6期 第2回 全5巻 > 社史で見る日本経済史 第6期 第89巻 日蓄(コロムビア)三十年史(川添利基 編・株式会社日本蓄音器商会刊 1940年)

社史で見る日本経済史 第6期 第89巻 日蓄(コロムビア)三十年史(川添利基 編・株式会社日本蓄音器商会刊 1940年)

社史で見る日本経済史 第6期 第89巻 日蓄(コロムビア)三十年史(川添利基 編・株式会社日本蓄音器商会刊 1940年)

[解説] 倉田喜弘

定価12,960円(本体12,000円) 
ISBN 978-4-8433-5037-9
刊行年月 2016年07月

オンライン書店

オンライン書店で『社史で見る日本経済史 第6期 第89巻 日蓄(コロムビア)三十年史(川添利基 編・株式会社日本蓄音器商会刊 1940年)』の情報をチェックする

本書の内容

日本で最初のレコード会社、株式会社日本蓄音器商会(日蓄)の30年史。日蓄はアメリカ人のF・W・ホーンによって1910(明治43)年に設立された。大正期には吉田奈良丸「殿中刃傷」や松井須磨子「カチューシャの唄」などが流行し、また、昭和期には宝塚少女歌劇主題歌「モン・パリ」などのレコードが人気を博す。自社の発展を音楽産業の歩みとともに纏めた好著。