HOME書籍検索家族のこころの病気を子どもに伝える絵本 > ボクのせいかも・・・

ボクのせいかも・・・

家族のこころの病気を子どもに伝える絵本①
ボクのせいかも・・・
―お母さんがうつ病になったの―

[著] プルスアルハ[<お話と絵>細尾ちあき/<解説>北野陽子]

定価1,620円(本体1,500円) 
ISBN 978-4-8433-4112-4 C8711
B5判/上製
刊行年月 2012年12月

関連情報

オンライン書店

オンライン書店で『家族のこころの病気を子どもに伝える絵本① ボクのせいかも・・・ ―お母さんがうつ病になったの―』の情報をチェックする

本書の内容

お父さん、お母さんがうつ病になったとき、 子どもにそのことを、どのように伝えればいいのか―このことを取りあげた はじめての絵本です。

 主人公のスカイは、元気のないお母さんのようすに「ボクのせいかも…」とこころを痛めています。この絵本は、子どもが読んで「ボクのせいじゃないんだ」と安心できるように、いっしょに読む大人の方には、「キミのせいじゃないよ」と伝えるために必要なことが書かれています。