HOME書籍検索 > キネマ週報 第1期 全24巻・別巻1

キネマ週報 第1期  全24巻・別巻1

キネマ週報 第1期 全24巻・別巻1
昭和5年(1930)2月 ~昭和10年(1935)12月

THE KINEMA WEEKLY

[監修] 東京国立近代美術館フィルムセンター [解説] 小松弘 [解説] 佐崎順昭 [解説] 田中眞澄 [解説] 本地陽彦

揃定価607,500円(揃本体562,500円) 
ISBN 978-4-8433-2980-1 C3374
B5判上製/カバー装
刊行年月 2009年12月

関連情報

本書の内容

日本映画の興隆期を週刊誌ならではの機動性でつぶさに記録。1930年代、戦時体制へ向かう激動の映画業界の動向を生々しく記した『キネマ週報』、待望の復刻!

※このページ上部の「刊行年月」は、直近に刊行する予定の配本の刊行年月を表示しています。

キネマ週報とは

戦前の日本映画界で独自の地位を占めた業界誌。発行・キネマ週報社、一九三〇(昭和五)年~一九三九(昭和十四)年の間に、全三六一号を発行。『国際映画新聞』の発行元・国際映画通信社の社員であった田中純一郎が、「九州映画新聞」の主幹だった片桐槌弥と組んで創刊。戦前の映画ジャーナリズム界において、『国際映画新聞』とならんで情報収集の密度が高い好文献。一九三五(昭和十)年の春、田中の新興キネマ入社にともない、橘高広が編集責任となり、その後は南部僑一郎、佐々元十、人見直善らへと引き継がれた。戦時下の出版統制を背景に、映画雑誌が統合を余儀なくされる前の一九三九(昭和十四)年、最後の第三六一号を刊行して自ら廃刊とした。

本書の特色

●戦前期メディア研究に必須
作品紹介中心の『キネマ旬報』では追うことのできない映画界のさまざまな動向を、週刊誌ならではの機動性でつぶさに記録、戦前期のメディア研究には欠かせない一級の資料。
●映画史研究の大家・田中純一郎の原点
「日本映画発達史」の田中純一郎が若き日に創刊、壮大な著作への足がかりにもなった業界誌。
●多角的な編集方針
映画界の出来事や企業の動きだけでなく、外国映画の輸入状況、映画技術の革新など、黄金期を迎えつつあった日本映画界のさまざまなテーマを掘り下げた稀有なメディア。

復刻版の刊行にあたって   東京国立近代美術館フィルムセンター

 キネマ週報社が刊行した『キネマ週報』は、戦前の日本映画界で独自の地位を占めた業界誌である。
 この雑誌は一九三〇(昭和五)年、『国際映画新聞』を発行していた国際映画通信社の社員、田中純一郎が、社長市川彩と対立した末に有志とともに退社して独立、「九州映画新聞」の主幹だった片桐槌弥と組んで創刊された。戦前の映画ジャーナリズム界において、『国際映画新聞』とならんで情報収集の密度が高く、トーキー化を経て最初の黄金時代を迎えていた日本の映画業界の内情を知るためにもっとも有効な文献の一つであり、のちに映画史家として大著『日本映画発達史』を発表する田中の初期の仕事としても注目に値する。
 それまでにない「週刊」という斬新なアイデアのもと、当初は「新しい映画経済の週刊雑誌」を謳って『国際映画新聞』への対抗意識を匂わせていたが、むしろ『キネマ週報』の真の特色は、その早い刊行サイクルがもたらす機動性の高さを利用して、映画界の動きをつぶさに記したことである。作品の紹介や記録を主な内容とする『キネマ旬報』では充分に追究できない映画会社の動き、外国映画の輸入状況、映画技術のイノベーションなどのさまざまなテーマを深く掘り下げ、この時期の映画産業史のビビッドな記録となっている。
 一九三五(昭和十)年の春、新興キネマに入社することになった田中はバトンを橘高広に渡し、その後の編集責任は南部僑一郎、佐々元十、人見直善へと引き継がれた。橘高広は、教育映画についての論客でもあった元映画検閲官、南部僑一郎はのちに映画スターのゴシップ取材で知られるが、若き日には日本プロレタリア映画同盟(プロキノ)にも参加した映画ジャーナリスト、佐々元十に至ってはプロキノのリーダーとして著名な人物である。こうしたさまざまな映画人を擁した『キネマ週報』は、戦前の映画言論を率いた人物たちの交差点でもあったが、戦時下の出版統制を背景に、映画雑誌が統合を余儀なくされる前の一九三九(昭和十四)年に最後の第三六一号を刊行して自ら廃刊した。なお、戦後の一九五〇(昭和二十五)年に今村三四夫が復活を試みたが、内容的には映画作品の紹介を中心とするもので、戦前の『キネマ週報』との連続性は感じられない。
 今回の復刻は、『国際映画新聞』に続き、現存するものではもっとも充実していると思われるフィルムセンター所蔵の故・御園京平氏のコレクション(みそのコレクション)に、フィルムセンターが旧来から所蔵していた号を補って実現に至ったものである。戦前の最大のメディアである映画の業界動向を知る絶好の資料として、『国際映画新聞』とともに、映画研究者はもちろん現代史の調査研究に携わる幅広い分野の方々に活用していただきたい。

キネマ週報 第1期 第1回 全4巻 昭和5年(1930)

刊行年月 2008年09月 揃定価97,200円 (揃本体90,000円) ISBN978-4-8433-2981-8 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第1巻 第1号~第7号(昭和5年2月~3月)

刊行年月 2008年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2987-0 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第2巻 第8号~第19号(昭和5年4月~6月)

刊行年月 2008年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2988-7 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第3巻 第20号~第31号(昭和5年7月~9月)

刊行年月 2008年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2989-4 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第4巻 第32号~第42号(昭和5年10月~12月)

刊行年月 2008年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2990-0 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第1期 第2回 全4巻 昭和6年(1931)

刊行年月 2008年12月 揃定価97,200円 (揃本体90,000円) ISBN978-4-8433-2982-5 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第5巻 第43号~第54号(昭和6年1月~3月)

刊行年月 2008年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2991-7 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第6巻 第55号~第67号(昭和6年4月~6月)

刊行年月 2008年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2992-4 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第7巻 第68号~第80号(昭和6年7月~9月)

刊行年月 2008年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2993-1 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第8巻 第81号~第91号(昭和6年10月~12月)

刊行年月 2008年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2994-8 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第1期 第3回 全4巻 昭和7年(1932)

刊行年月 2009年03月 揃定価97,200円 (揃本体90,000円) ISBN978-4-8433-2983-2 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第9巻 第92号~第103号(昭和7年1月~3月)

刊行年月 2009年03月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2995-5 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第10巻 第104号~第115号(昭和7年4月~6月)

刊行年月 2009年03月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2996-2 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第11巻 第116号~第127号(昭和7年7月~9月)

刊行年月 2009年03月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2997-9 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第12巻 第128号~第138号(昭和7年10月~12月)

刊行年月 2009年03月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2998-6 C3374
B5判上製/カバー装

※第136号は、発見できなかったため収録していません

キネマ週報 第1期 第4回 全4巻 昭和8年(1933)

刊行年月 2009年06月 揃定価97,200円 (揃本体90,000円) ISBN978-4-8433-2984-9 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第13巻 第139号~第149号(昭和8年1月~3月)

刊行年月 2009年06月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-2999-3 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第14巻 第150号~第161号(昭和8年4月~6月)

刊行年月 2009年06月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3000-5 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第15巻 第162号~第172号(昭和8年7月~9月)

刊行年月 2009年06月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3001-2 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第16巻 第173号~第182号(昭和8年10月~12月)

刊行年月 2009年06月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3002-9 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第1期 第5回 全4巻 昭和9年(1934)

刊行年月 2009年09月 揃定価97,200円 (揃本体90,000円) ISBN978-4-8433-2985-6 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第17巻 第183号~第193号(昭和9年1月~3月)

刊行年月 2009年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3003-6 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第18巻 第194号~第203号(昭和9年4月~6月)

刊行年月 2009年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3004-3 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第19巻 第204号~第213号(昭和9年7月~9月)

刊行年月 2009年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3005-0 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第20巻 第214号~第223号(昭和9年10月~12月)

刊行年月 2009年09月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3006-7 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第1期 第6回 全4巻・別巻1 昭和10年(1935)

刊行年月 2009年12月 揃定価121,500円 (揃本体112,500円) ISBN978-4-8433-2986-3 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第21巻 第224号~第233号(昭和10年1月~3月)

刊行年月 2009年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3007-4 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第22巻 第234号~第244号(昭和10年4月~6月)

刊行年月 2009年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3008-1 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第23巻 第245号~第253号(昭和10年7月~9月)

刊行年月 2009年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3009-8 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 第24巻 第254号~第259号(昭和10年10月~12月)

刊行年月 2009年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3010-4 C3374
B5判上製/カバー装

キネマ週報 別巻 総目次・解説

刊行年月 2009年12月 定価24,300円 (本体22,500円) ISBN978-4-8433-3011-1 C3374
B5判上製/カバー装