HOME書籍検索叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 全40巻【堂々完結!】叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第7回 全7巻 > 叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第60巻

叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第60巻

叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第60巻

[解説] 藤井素彦

定価19,440円(本体18,000円) 
ISBN 978-4-8433-4663-1
A5判/上製
刊行年月 2014年11月

オンライン書店

オンライン書店で『叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第60巻』の情報をチェックする

本書の内容

工芸美術を語る アトリエ社 昭和五年

雑誌『工芸時代』『アトリヱ』に掲載された工芸美術にかんする多様な三十九の論考をまとめた一書。「思潮・講話・感想」の三部から成る。執筆者は田辺孝次、大島隆一、宮下孝雄、畑正吉、仲田定之助、上野伊三郎、尾瀬敬止、ウエトロフ、御木本隆三、大槻憲二、青山民吉、山本鼎、明石染人、木檜恕一、大隅爲三、沼田一雅、小川三樹、渡辺進、香取秀真、前田公篤、宮田三郎、木村和一、恩地孝(四郎)、高木長葉、津田信夫、高村豊周、広川松五郎、斉藤佳三、今和次郎、渡辺素舟、富本憲吉、石川確治、間部時雄、藤井浩祐。