HOME書籍検索叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 全40巻【堂々完結!】叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第7回 全7巻 > 叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第59巻

叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第59巻

叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第59巻

[解説] 藤井素彦

定価11,880円(本体11,000円) 
ISBN 978-4-8433-4662-4
B5判/上製
刊行年月 2014年11月

オンライン書店

オンライン書店で『叢書・近代日本のデザイン 昭和篇 第59巻』の情報をチェックする

本書の内容

現代産業美術 長谷川七郎著 東和出版社 昭和十六年

著者の長谷川七郎(一九一三〜二〇〇五)は詩人で建築家。本書は一九四〇年前後に雑誌『美術』『アトリヱ』『広告界』に寄稿した論考を柱としてまとめたもの。当時の前衛芸術運動との関連性とともに、バウハウスやニュー・バウハウスの動向に拠りつつ日本の「産業美術」の諸問題と進むべき方向性を分析している。写真、博覧会展示技術、ポスター等の宣伝広告技術、機械関係雑誌の表紙やレイアウト、機械メーカーのカタログなどについても豊富な図版を添えて言及。