HOME書籍検索大阪出版文化資料集 全6巻 > 大阪出版文化資料集 第4巻 百楽荘漫記(福良竹亭昭和十年)

大阪出版文化資料集 第4巻 百楽荘漫記(福良竹亭昭和十年)

書誌書目シリーズ98
大阪出版文化資料集 第4巻 百楽荘漫記(福良竹亭昭和十年)

[編集・解題] 宮里立士 [編集] 佐藤哲彦

定価15,120円(本体14,000円) 
ISBN 978-4-8433-3850-6 C3300
刊行年月 2012年02月

オンライン書店

オンライン書店で『書誌書目シリーズ98 大阪出版文化資料集 第4巻 百楽荘漫記(福良竹亭昭和十年)』の情報をチェックする

本書の内容

福良虎雄(1870-1941)は、報知新聞から大阪毎日、東京日日新聞の政治部長、夕刊大阪新聞常務、編集主幹を務める。竹亭と号し、名文家と謳われ、大阪明治文化研究会などを組織し、戦前期の大阪の学芸を在野から牽引する。本書は、夕刊大阪新聞に大正十五年から連載した随筆から選び、古書論から高尚、世俗に渉る逸話を筆者の識見から綴る。