HOME書籍検索大阪出版文化資料集 全6巻 > 大阪出版文化資料集 第3巻 記憶を辿りて(土屋大夢昭和七年)

大阪出版文化資料集 第3巻 記憶を辿りて(土屋大夢昭和七年)

書誌書目シリーズ98
大阪出版文化資料集 第3巻 記憶を辿りて(土屋大夢昭和七年)

[編集・解題] 宮里立士 [編集] 佐藤哲彦

定価9,720円(本体9,000円) 
ISBN 978-4-8433-3849-0 C3300
刊行年月 2012年02月

オンライン書店

オンライン書店で『書誌書目シリーズ98 大阪出版文化資料集 第3巻 記憶を辿りて(土屋大夢昭和七年)』の情報をチェックする

本書の内容

土屋元作(1866-1932)は、明治から大正期の著名なジャーナリストで、大夢と号す。早稲田出身であるが、福沢諭吉の知遇を得て時事新報に入り、大阪毎日、大阪朝日を経て、時事新報主筆。本書は土屋が自らの半生を明治の文芸文化界の動向とともに回顧したもの。その語るところからは明治青年の教養とその成長過程が窺われる。