HOME書籍検索日本外交史人物叢書 全27巻日本外交史人物叢書 第2回配本 全17巻 > 日本外交史人物叢書 第20巻 船津辰一郎(在華日本紡績同業会編・東方研究会・一九五八刊)

日本外交史人物叢書 第20巻 船津辰一郎(在華日本紡績同業会編・東方研究会・一九五八刊)

日本外交史人物叢書 第20巻 船津辰一郎(在華日本紡績同業会編・東方研究会・一九五八刊)

定価16,200円(本体15,000円) 
ISBN 978-4-8433-0686-4 C3331
A5判上製/函入
刊行年月 2002年12月 ※品切れ

オンライン書店

オンライン書店で『日本外交史人物叢書 第20巻 船津辰一郎(在華日本紡績同業会編・東方研究会・一九五八刊)』の情報をチェックする

本書の内容

船津辰一郎 1873~1947 佐賀県生。その語学力と識見、そして温厚な人柄で、「老中国(ラオチョンクォ)」とも呼ばれた船津の伝記。明治中期から昭和初年まで中国各地を勤務し、ノンキャリアながら「特進」者として奉天総領事まで昇進、その後、在華日本紡績同業会理事、上海特別市政府顧問を務め、敗戦期まで中国に滞在した。日中戦争勃発直後、その収拾のため、かれが行った「船津工作」は有名であり、その後も日中の和平工作に尽力した。船津の関わった工作は、かれの手記の一部を引用しながら(「北支事変平和工作失敗日記(摘要)」、「南華交渉失敗日記」)、本書でもくわしく触れられており、貴重な証言となっている。