HOME書籍検索日本外交史人物叢書 全27巻日本外交史人物叢書 第2回配本 全17巻 > 日本外交史人物叢書 第19巻 澤田節蔵回想録(澤田壽夫編・有斐閣出版サービス・一九八五刊)

日本外交史人物叢書 第19巻 澤田節蔵回想録(澤田壽夫編・有斐閣出版サービス・一九八五刊)

日本外交史人物叢書 第19巻 澤田節蔵回想録(澤田壽夫編・有斐閣出版サービス・一九八五刊)

定価15,120円(本体14,000円) 
ISBN 978-4-8433-0685-7 C3331
A5判上製/函入
刊行年月 2002年12月 ※品切れ

オンライン書店

オンライン書店で『日本外交史人物叢書 第19巻 澤田節蔵回想録(澤田壽夫編・有斐閣出版サービス・一九八五刊)』の情報をチェックする

本書の内容

澤田節蔵 1884~1976 鳥取県生。太平洋戦争中、「霞ヶ関」外交の長老として重きをなし、弟・澤田廉三も著名な外交官として知られる澤田節蔵が、九〇余年の自らの歩みを記した回想録。明治末年から急速に向上する日本の国際的地位とともにキャリアを重ねる平穏な時代から昭和に入り、舵取りの難しい外交舞台において国際連盟帝国事務局長を勤めた時の回想など興味深い証言が語られる。鈴木内閣顧問として終戦を迎えた後、戦後にも日本政府代表としてユネスコ総会に臨むなど内外で活躍する様子が綴られる回想録。