HOME書籍検索日本外交史人物叢書 全27巻日本外交史人物叢書 第2回配本 全17巻 > 日本外交史人物叢書 第18巻 日米外交秘話―わが外交史(来栖三郎著・創元社・一九五二刊)

日本外交史人物叢書 第18巻 日米外交秘話―わが外交史(来栖三郎著・創元社・一九五二刊)

日本外交史人物叢書 第18巻 日米外交秘話―わが外交史(来栖三郎著・創元社・一九五二刊)

定価11,880円(本体11,000円) 
ISBN 978-4-8433-0684-0 C3331
A5判上製/函入
刊行年月 2002年12月 ※品切れ

オンライン書店

オンライン書店で『日本外交史人物叢書 第18巻 日米外交秘話―わが外交史(来栖三郎著・創元社・一九五二刊)』の情報をチェックする

本書の内容

来栖三郎 1886~1954 神奈川県生。戦後なお「偽りの大使」として米国から指弾された著者が、日米交渉に至る自らの外交官人生を回顧し、日本外交の問題点を反省しながらも、その「狙いには暗い影は決してなかった」ことを明らかにすることを念願として執筆した書。個人的には批判的であった日独伊三国同盟に駐独大使として署名した経緯が語られ、続いて開戦回避を目的とした日米交渉に特派大使として渡米し、精進を傾けて打開を模索しながら真珠湾攻撃によって水泡に帰するまでの交渉内容が証言される。