HOME書籍検索 > 復刻 共栄報 1942~1945 全32巻+別冊1【new!】

復刻 共栄報 1942~1945 全32巻+別冊1【new!】

復刻 共栄報 1942~1945 全32巻+別冊1【new!】

[監修・解題] 津田浩司

揃定価1,016,400円(揃本体924,000円) ※分売不可
ISBN 978-4-8433-5530-5 C3300
A3判/上製
刊行年月 2019年04月

関連情報

本書の内容

謎に包まれてきた日本軍軍政下ジャワの華僑社会。厳しい統制下、ナショナリズムが胚胎するインドネシア社会の全貌に迫る。

本書の注文につきまして 
●本書は、オンデマンド印刷による受注生産とさせていただきます。
●ご注文をいただいた日からお客様へのお届まで、2ヶ月程度のお時間が必要となります。また、オンデマンド印刷のため、ご注文冊数等によりそれ以上のお時間をいただくこともございます。ご不明な点や、詳細につきましては下記までお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

1942年にオランダ領東インドの中心地ジャワ島に進出した日本軍は、軍政統治の開始と同時に既存の華僑新聞の発行を原則禁止とした。代わって島内唯一の華僑向け日刊紙として、『共栄報』を中国語とマレー語の2つの版で発行する体制を構築し、終戦までそれを維持した。『共栄報』は、日本軍によるプロパガンダ紙として当然厳しい統制と検閲を受けたが、その紙面を繰ると、ジャワ島内各地の華僑社会の動向、組織・団体・学校等の活動、冠婚葬祭や物価動向、それに文芸娯楽など多彩な情報が盛り込まれており、これまで謎に包まれていた軍政下ジャワの華僑の暮らしが生き生きと蘇ってくる。今日に至るインドネシアの華僑社会を通史的に理解する上でも、重要な手がかりを与えてくれるだろう。

刊行にあたって   津田浩司 東京大学大学院総合文化研究科准教授

●『共栄報』の概要
 インドネシア共和国はおよそ一万七千の島々によって構成される、世界最大の島嶼国家である。今日人口は二億五千万人超えるが、そのうち、約五百万〜七百万人が中国に出自を持つ人々であるといわれる。言語や経済活動、文化信仰、生活様式などは多様性を極めており、「華僑」とひと括りにすることは困難である。  
 歴史的にインドネシアの地で世代を重ねてきた彼らの多くは、日常生活では中国語(華語)ではなくマレー語(今日のインドネシア語の前身)やジャワ語を用いるようになっていたが、十九世紀末から二十世紀初頭にかけて中国大陸からの新たな移民の流入、そして勃興する中華ナショナリズムの影響を受け、中国大陸を母国と認識し、「中華民族」という巨大な共同体の一員としての自覚を強く持つ者も現れた。この世紀転換期に、政治・経済の中心地であるジャワ島を主要な舞台として、マレー語や華語による数多の新聞・雑誌が華僑自らの手により華橋向けに発行されるようになり、それらを通じ様々な政治的立場に基づく主張が活発に繰り広げられた。  
 華僑社会で見られたこうした比較的自由な言論状況は、一九四二年に日本軍がインドネシア(当時はオランダ領東インド)に進出したことで終わりを告げた。ジャワ島を制圧した日本軍は、軍政統治の開始と同時に既存の華僑新聞の発行を原則禁止とし、代わって島内唯一の華僑向け日刊紙として『共栄報』(華語版・マレー語版)を発行する体制を整え、一九四五年八月の敗戦までそれを維持したのである。

●復刻版『共栄報』について  
 『共栄報(Kung Yung Pao)』は、一九四二年三月から終戦まで三年半に及んだ日本軍政下のジャワにおいて、華僑向けに発行が続けられた唯一の日刊紙である。当時のジャワの華僑の言語状況を反映し、中国語(華語)とマレー語(インドネシア語)の二つの版が、ジャカルタ市中心街の同一社屋内でそれぞれに編集・発行されていた。  
 このたび、インドネシア国立図書館に所蔵されている『共栄報』(華語版・マレー語版)の全て(一部欠号あり)、および『共栄報』華語版の前身である『新新報』(全十四号)について、原本を高精細撮影し、ここに復刻刊行することとなった。また、これまで存在は知られていたがほとんど研究されてこなかったこの『共栄報』が一体いかなる新聞であったのか、その全貌に迫るべく、日本やインドネシアなどに散在する諸資料、および原資料を精査のうえ、発行の経緯や編集体制、および内容の概要について、詳細な解題を付し明らかにした。  
 戦前、旧オランダ領東インド(現インドネシア)の政治・社会・文化の中心地であったジャワでは、およそ六十万人ともいわれた華僑たちが、いわゆる「原住民」に先駆けて、マレー語や華語による出版資本主義を牽引し、活発な言論空間を築き上げていた。社会背景のうえでも政治志向のうえでも内実の大きく異なるこの華僑社会を、日本軍政は州・県ごとに「華僑総会」を組織させることで一元的に管理しようとした。そしてそれと並行するように、従来無数に乱立していた華僑系の新聞各紙も、『共栄報』一紙(二言語)に集約したのである。  
 『共栄報』は、ジャワで同時期に出されていた日本語(一紙)・インドネシア語(五紙)の日刊各紙と同様、軍政当局の厳しい検閲を受けて発行されており、それゆえ第一義的には華僑向けのプロパガンダ紙としての機能を担っていたといえよう。ただしその紙面を丁寧に読むと、各地の華僑社会の動員・組織化の過程や、統制下における経済活動の状況、そして結婚・死亡を含む社会生活の諸相に至るまで、軍政下ジャワの華僑社会の実態を窺い知るうえで極めて貴重な情報が、随所にちりばめられていることに気づくのである。  
 このように『共栄報』は、ジャワを中心とするインドネシア華僑史研究においてそれまでミッシングリンクとされてきた軍政期の実態解明を可能にする、第一級の研究資料であるといえる。また同時に、華僑社会の側の視点や経験からインドネシア史記述を再構築するうえで、あるいは対華僑政策を重要な柱のひとつとした日本の南方軍政の研究を深化させるうえで、直接的に大いに資する数々のデータを提供してもくれるだろう。さらには、言語(史)研究、新聞学・情報学、グローバルヒストリー等々、この『共栄報』の復刻によって新たな研究の領野が切り拓かれていくことを、監修者として願ってやまない。

【本書の特色】

●日本軍政下のジャワで、中国語とマレー語で発行が続けられた唯一の華僑向け新聞。
●太平洋戦争下のジャワを中心とするインドネシア各地の華僑社会の動向、華僑系の各種組織・団体・学校等の活動、冠婚葬祭や物価動向、文芸娯楽など、多彩な情報が広範に掲載されており、20世紀前半のインドネシア華僑社会の史的展開を連続的に把握する上で、欠かせない情報を提供するものである。
●日本軍の南方軍政史を研究する上で第一級の資料である。