HOME書籍検索社史で見る日本経済史 第5期 全20巻社史で見る日本経済史 第5期 第2回 全5巻 > 社史で見る日本経済史 第5期 第67巻 日本綿花株式会社五十年史(日綿実業株式会社編・刊 1943年)

社史で見る日本経済史 第5期 第67巻 日本綿花株式会社五十年史(日綿実業株式会社編・刊 1943年)

社史で見る日本経済史 第5期 第67巻 日本綿花株式会社五十年史(日綿実業株式会社編・刊 1943年)

[解説] 宮里立士

定価15,120円(本体14,000円) 
ISBN 978-4-8433-4339-5
刊行年月 2013年09月

オンライン書店

オンライン書店で『社史で見る日本経済史 第5期 第67巻 日本綿花株式会社五十年史(日綿実業株式会社編・刊 1943年)』の情報をチェックする

本書の内容

日本綿花(後に日綿実業、ニチメン)は、外国産棉花の輸入を外国商人が独占していた明治25(1892)年、これに対抗するため関西の主な紡績会社が「棉花直輸入の機関」として創立する。インド綿や米綿の輸入大手として重きを成し、その後、綿布、羊毛や米穀、生糸も取扱い、紡績業や精米業その他の工業にも進出し、インド、ビルマから北米、中南米、東アフリカまで事業を展開する。本書は、戦後の総合商社の原型的活動を伝える貴重文献である。