HOME書籍検索社史で見る日本経済史 第5期 全20巻社史で見る日本経済史 第5期 第1回 全5巻 > 社史で見る日本経済史 第5期 第61巻 日本発送電株式会社大観(電気新報社編・刊 1939年)

社史で見る日本経済史 第5期 第61巻 日本発送電株式会社大観(電気新報社編・刊 1939年)

社史で見る日本経済史 第5期 第61巻 日本発送電株式会社大観(電気新報社編・刊 1939年)

[解説] 宮里立士

定価23,760円(本体22,000円) 
ISBN 978-4-8433-4202-2
刊行年月 2013年05月

オンライン書店

オンライン書店で『社史で見る日本経済史 第5期 第61巻 日本発送電株式会社大観(電気新報社編・刊 1939年)』の情報をチェックする

本書の内容

日本発送電株式会社は、昭和14年(1939年)に発足した半官半民の国策会社。戦時体制が深まるなか、昭和13年に電力国家統制法案の成立を受けて設立される。本書は、同法案の中核である電力管理法の成立経過を第一編で綴り、第二編で同社の設立経過を述べ、第三編で会社の構成と業務を説明する。「本書は日本発送電株式会社の全貌の記録書」、「電力国家管理の歴史書」、「格好の参考書」と同社初代総裁増田次郎が評しており(「序」)、会社発足に当り編纂された記念書的位置を占める。