HOME書籍検索社史で見る日本経済史 第5期 全20巻社史で見る日本経済史 第5期 第1回 全5巻 > 社史で見る日本経済史 第5期 第59巻 大阪急(百貨店新聞社著・刊 1936年)

社史で見る日本経済史 第5期 第59巻 大阪急(百貨店新聞社著・刊 1936年)

社史で見る日本経済史 第5期 第59巻 大阪急(百貨店新聞社著・刊 1936年)

[解説] 末田智樹

定価10,800円(本体10,000円) 
ISBN 978-4-8433-4200-8
刊行年月 2013年05月

オンライン書店

オンライン書店で『社史で見る日本経済史 第5期 第59巻 大阪急(百貨店新聞社著・刊 1936年)』の情報をチェックする

本書の内容

百貨店の多くが呉服店から転身したのに対し、阪急百貨店は阪急電鉄傘下の百貨店として創立された。「本書は阪急百貨店の全館落成と、百貨店創業満七週年を記念する為」に編まれる。「躍進が短期間に超記録的急高度に引上げられて行つた為、阪急それ自体にも未だ店勢を知らしむべき文献の何もない時」の刊行である。創業者・小林一三のユニークな電鉄と直結したターミナルデパートの展開が成功裏に進んだ阪急創業期の興隆を伝える文献である。