HOME書籍検索 > 名画鑑賞事典 美の系譜

名画鑑賞事典 美の系譜

名画鑑賞事典 美の系譜

[著] デヴィッド・ギャリフ [訳] 藤村奈緒美 [訳] 鈴木尚子

定価5,184円(本体4,800円) 
ISBN 978-4-8433-3094-4 C1671
B4判変形(270mm×227mm)上製/カバー装/オールカラー/192頁
刊行年月 2009年02月

関連情報

オンライン書店

オンライン書店で『名画鑑賞事典 美の系譜』の情報をチェックする

本書の内容

ルネッサンスから現代まで、世界の天才画家50人の知られざる影響関係が解き明かされる。フェルメール、セザンヌ、ムンク、ピカソ……。彼らは誰の影響を受け、誰に影響を与えたのか。

【日本図書館協会選定図書】【全国学校図書館協議会選定図書】
美術史をこれまでにないユニークな視点で見直した画期的美術入門。美術史上重要な画家50人を取りあげ、その複雑にからみ合っている相関関係に迫ります。作家の特徴や他との相違、後世への影響などに注目しながら、様々な作品を詳細に分析。芸術家同士の関係がタペストリーのように織りなされたきらびやかな美術世界、それが今、あなたの眼前にひろがります。

■各章は西洋美術史の主要な動向を表しています。
・影響:その芸術家の作品に大きな影響を与えた事柄を挙げている。
・年譜では、その芸術家の生涯における重要な出来事を紹介。
・後世への遺産:その芸術家に影響を受けた芸術家や流派について述べている。

取り上げた芸術家の生涯、作品、西洋美術史上で占める位置について論じています。
主要な作品一点を取り上げて詳細に分析。その芸術家の作品が持つ特性を明らかにします。

各章の冒頭に年表を載せ、その時代の鍵となる文化、科学、技術上の出来事をまとめました。
その時代について解説し、その章で扱う芸術家たちが活躍した背景について。他の芸術家と比較するため、鍵となる作品を掲載。

【特色】

◆ルネッサンスから現代まで、西洋美術史に残る錚々たる巨匠50人を網羅。
◆作家や作品を詳細に分析、複雑に入り組んでいる影響関係を明快に指摘。
◆各芸術家の生涯における重要な出来事を年譜で紹介し、略歴を記す人物事典。
◆西洋美術史の主要な動向や、芸術家たちが活躍した各時代の背景を解説。
◆影響を受けた鍵となる作品を多数掲載し、細部にわたって解き明かす。

【著者紹介】 デヴィッド・ギャリフ

美術史家。ワシントンのナショナル・ギャラリー・オブ・アート(国立美術館)講師。アメリカ・カソリック大学美術史外部講師。専攻はイタリア・ルネサンスならびに近・現代美術。(※本データはこの書籍の刊行当時のものです)