HOME書籍検索叢書・近代日本のデザイン 明治篇 全9巻 > 叢書・近代日本のデザイン 第1巻

叢書・近代日本のデザイン 第1巻

叢書・近代日本のデザイン 第1巻

[解説] 緒方康二 [解説] 森仁史 [解説] 山崎達文

定価18,360円(本体17,000円) 
ISBN 978-4-8433-2670-1 C3370

オンライン書店

オンライン書店で『叢書・近代日本のデザイン 第1巻』の情報をチェックする

本書の内容

◆納富磐一・森山守次[序文]
納富介堂翁事蹟 大正十一年
明治六年ウィーン万博以来のデザイン指導者の伝記。おもに陶磁器産業に従事。
◆畑 正吉[著]
工芸の先覚者 納富介次郎先生 昭和十二年頃(私家版)
◆河原五郎[編]
河原徳立翁小伝 昭和四年(非売品)
納富と明治三十三年パリ万博出品を準備し、後に瓢池園を運営し、以後長く陶芸界に影響を及ぼした指導者の伝記。
◆農商務省商工局[編]
欧米各国美術工芸図案ニ関スル報告 明治四十二年
英、仏両国連合博覧会ニ於ケル装飾美術ニ就イテ(白瀧幾之助)/英国ニ於ケル応用彫刻ニ就テ」(高村光太郎)/白耳義国ニ於ケル美術工芸品意匠図案(武石弘三郎)/米国ニ於ケル流行ノ洋灯ニ就テ(小川三知)