HOME書籍検索 > 戦後の出発と女性文学 全15巻

戦後の出発と女性文学 全15巻

戦後の出発と女性文学 全15巻

[監修] 長谷川啓 [監修] 尾形明子

揃定価226,800円(揃本体210,000円) 
ISBN 978-4-8433-0921-6 C3393
A5判上製/函入
刊行年月 2003年05月

本書の内容

「戦時下の女性文学」に続く、「戦後の出発と女性文学」。

「戦時下の女性文学」において、長い戦時体制の下、戦争に対する少しの疑問も、内面的葛藤も封印され、自らも戦時体制と一体化された作品からは、文学、文学者の問題のみならず、近現代の日本における男と女の関係、ひいては根底的な社会関係と意識や感性の実像が浮かび上がった。
では、戦後に解放された女性達は、何を語り始めたのだろうか。本集成には戦前、戦中そして戦後も書きつづけた作家、戦後になって初めて書きはじめた作家もいる。彼女たちは何を精算し、何を精算しなかったのか。失ったものは何か。生まれたものは何なのか。
この集成は、近代日本の女性が初めて自由を手にした10年間の記録である。

●第1巻から第9巻は、各種文芸雑誌に発表された作品を、編年体によって合冊収録。
●第10巻から第15巻は、重要な作品でありながら全集にも収録されておらず、所蔵者・機関も少なく、現在は入手困難な単行本を収録。

戦後の出発と女性文学 第1巻 【昭和20・21年】北畠八穂「自在人」森三千代「夏もすぎぬ」平林たい子「終戦日誌」池田みち子「眼に青葉」野上彌生子「砂糖」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0922-3

戦後の出発と女性文学 第2巻 【昭和22年】 野上彌生子「神様」林芙美子「崩浪亭主人」網野菊「冷たい心」阿部光子「いくよねざめぬ」大原富枝「冬至」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0923-0

戦後の出発と女性文学 第3巻 【昭和23年】 石塚茂子「黄薔薇」大田洋子「牢獄の詩」平林たい子「白髪」北畠八穂「星の字」松田美紀「二十歳の周囲」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0924-7

戦後の出発と女性文学 第4巻 【昭和24年】 林芙美子「水仙」平林たい子「女の生き方」佐多稲子「たんぽぽ」池田みち子「国際都市」大森ミツ「雪道」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0925-4

戦後の出発と女性文学 第5巻 【昭和25年】 畔柳ニ美「銀夫婦の歌」大原富枝「松波氏の再婚」佐多稲子「霜どけ」中本たか子「早春」林米子「白足袋」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0926-1

戦後の出発と女性文学 第6巻 【昭和26年】 森三千代「青春の放浪」由起しげ子「手袋」芝木好子「誘拐者」壷井栄「静か雨」林芙美子「童話」吉屋信子「鬼火」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0927-8

戦後の出発と女性文学 第7巻 【昭和27年】 畔柳ニ美「四つの箱」網野菊「月夜」小滝数子「蹂躙」小山いと子「花合わせ」 真杉静枝「本日は晴天」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0928-5

戦後の出発と女性文学 第8巻 【昭和28年】 堤千代「父」竹本員子「麦畠」中村瑞恵「しもやけ日記」円地文子「ある家」吉屋信子「凍蝶」広池秋子「オンリー達」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0929-2

戦後の出発と女性文学 第9巻 【昭和29年】 大田洋子「半人間」吉屋信子「復讐」平林たい子「トウ・シューズ」真杉静枝「アメリカの十字架」壷井栄「空」他

刊行年月 2003年05月 定価15,120円 (本体14,000円) ISBN978-4-8433-0930-8

戦後の出発と女性文学 第10巻 佐多稲子『樹々のさやぎ』(昭和22年)・『開かれた扉』(昭和24年)

刊行年月 2003年05月 定価27,000円 (本体25,000円) ISBN978-4-8433-0931-5

戦後の出発と女性文学 第11巻 畔柳ニ美『姉妹』(昭和29年)

刊行年月 2003年05月 定価11,880円 (本体11,000円) ISBN978-4-8433-0932-2

戦後の出発と女性文学 第12巻 林芙美子『人生の河』(昭和22年)

刊行年月 2003年05月 定価8,640円 (本体8,000円) ISBN978-4-8433-0933-9

戦後の出発と女性文学 第13巻 吉屋信子『歌枕』(昭和23年)・『翡翠』(昭和23年)

刊行年月 2003年05月 定価20,520円 (本体19,000円) ISBN978-4-8433-0934-6

戦後の出発と女性文学 第14巻 真杉静枝『花怨』(昭和23年)

刊行年月 2003年05月 定価11,880円 (本体11,000円) ISBN978-4-8433-0935-3

戦後の出発と女性文学 第15巻 大田洋子『真昼の情熱』(昭和22年)

刊行年月 2003年05月 定価10,800円 (本体10,000円) ISBN978-4-8433-0936-0