HOME書籍検索戦前・戦中・戦後のジェンダーとセクシュアリティ 全25巻【new!】 戦前・戦中・戦後のジェンダーとセクシュアリティ 第2回配本 翻弄される〈性差〉 全5巻  > 戦前・戦中・戦後のジェンダーとセクシュアリティ 第8巻 翻弄される〈性差〉Ⅲ

戦前・戦中・戦後のジェンダーとセクシュアリティ 第8巻 翻弄される〈性差〉Ⅲ

戦前・戦中・戦後のジェンダーとセクシュアリティ 第8巻 翻弄される〈性差〉Ⅲ

定価18,700円(本体17,000円) 
ISBN 978-4-8433-6109-2 C3336
刊行年月 2022年03月

オンライン書店

オンライン書店で『戦前・戦中・戦後のジェンダーとセクシュアリティ 第8巻 翻弄される〈性差〉Ⅲ』の情報をチェックする

本書の内容

 日本衣服研究所(田中千代)[編]]
  日本衣服研究所彙報
 (日本衣服研究所 一九四一年)
  日本衣服研究所[著]
  衣服の研究と調査
 (目黒書店 一九四三年) 

【第一部】一、序文/二、靴下の性能研究/三、衣料切符制下縫糸の使用量に就いて(日本衣服研究所長 田中千代)/四、洗濯に要する時間及び石鹸の調査(同 田中千代)/【第二部】一、衣服諸調査序説(日本衣服研究会常務理事・日本衣服研究所研究顧問・神戸商業大学教授 田中薫)/二、街頭服装調査(日本衣服研究所員有志)/三、婦人衣服所蔵調査(日本衣服研究所員 森善子)/ 四、衣料切符制下に於ける工夫(日本衣服研究所員 森善子/日本衣服研究所員 頼藤登美江)/五、衣料切符制実施上の疑点に就いて(日本衣服研究所)/六、婦人標準服がきまるまで(日本衣服研究所員 頼藤登美江)/絵(日本衣服研究所員 山本晴子)/【第三部】一、日本衣服学の構想(田中薫)/二、南方圏の民族と衣服(日本衣服研究所員 中山三惠子)
 エリック・ギル[著] 増野正衛[訳]
  衣裳論
—ズボンとスカート 男女のまとう自然的人為的外皮の性格及び意義についての試論
(創元社 一九五二年)

この本を読む人のために(花森安治)/Ⅰ予備的考察及び主張/ Ⅱ 住居としての衣服について/Ⅲ 仕事場としての衣服について /Ⅳ 教会や公会堂としての衣服について/Ⅴ 特殊部分のための衣服について/Ⅵ 仕立屋の威儀と作法と専横とについて/Ⅶ 自然と裸体とについて/Ⅷ ズボンについての結論