HOME書籍検索 > 米海軍日本攻撃目標地図【new!】

米海軍日本攻撃目標地図【new!】

米海軍日本攻撃目標地図【new!】
JAPAN APPROACH TARGET —開戦時日本の軍事と産業を読む—

[編・解説] 田中宏巳

定価21,384円(本体19,800円) 
ISBN 978-4-8433-5464-3 C3031
A4判/上製/カバー
刊行年月 2018年12月(予定)

関連情報

オンライン書店

オンライン書店で『米海軍日本攻撃目標地図【new!】 JAPAN APPROACH TARGET —開戦時日本の軍事と産業を読む—』の情報をチェックする

本書の内容

米国は日本のどこを見ていたのか?太平洋戦争期の日本の国土と産業を描いた地図!

刊行にあたって 田中宏巳 防衛大学校名誉教授

 本書は、アメリカの国立公文書館に所蔵されているアメリカ海軍が1944年に作成した JAPAN APPROACH TARGET(攻撃目標図)の中から主なもの119点を抽出し、これに解説を加えるものである。
 この攻撃目標図では、太平洋戦争開戦期の日本の飛行場、港湾、鉄道施設、火力発電所のほか、海軍工廠、陸軍造兵廠等、製鉄所・製鋼所や銅精錬所、ソーダ・染料等化学やアルミニウム・肥料工場、機械製造、車両、電機、繊維に至るまで、広く製造業の工場を目標に挙げている。また、当然、飛行機メーカーや造船所も詳しく調べられて目標とされている。
 ただし、陸軍の基地施設は取り上げていないものが多く、また、政府機関、報道機関、金融機関、教育機関などは目標とされていない。
 山岳地帯に飛行場を想定したり、施設の位置がずれていることもあるが、地図自体はほぼ正確である。1941年までに正規ルートで収集した書籍や報告書、都市計画図、そして日本との取引のある会社や日本に支店を置く会社の資料などを利用したと想像される。
 米海軍の優秀な調査力によって作られた地図は、太平洋戦争開戦期の日本の姿をかなり詳しく伝える貴重な資料であるということができる。そしてまた、当時の米国のこの戦争に対する考え方などを窺い知ることもできよう。

【本書の特色】

●太平洋戦争開戦期の日本の軍事施設や工場を詳細に記した都市図、地域図です。
●本地図には、陸軍造兵廠や海軍工廠のほか、飛行場、鉄道の駅、港湾が多く記載されていますが、それとともに製鉄、非鉄金属、化学、機械、電機、繊維など様々な工場が記載されています。
●例えば、分散していた中島飛行機の各工場の所在地とか阪神工業地帯の工場の集積状況など、他の史料では把握しにくい情報を地図の上で確認できます。
●編者は解説を執筆するにあたり、可能な限り様々な史料に当たって、軍事施設や企業の来歴を調べています。釜石のように実際に米海軍による攻撃を受けた事実も記述しています。また米軍側の推測や誤情報による地図上の誤謬も丁寧に指摘しています。

●特におすすめしたい方
軍事史、産業史、経済史、地理学、地図研究家、地方史研究家、各大学の図書館、県立図書館など。

収録地域一覧(目次から)
◆1◆ 北海道
 稚 内
 留 萌
 網 走
 美幌飛行場
 旭川飛行場
 厚 岸
 釧 路
 根 室
 帯 広
 小 樽
 札 幌
 千歳海軍航空基地
 室 蘭
 函 館
◆2◆ 東北・北陸・信越
 大湊海軍基地
 青 森
 秋 田
 釜 石
 仙 台
 福 島
 郡 山
 新 潟
 新潟飛行場
 大 町
 東岩瀬
 富 山
 高 岡
 七 尾
 金 沢
 敦 賀
◆3◆ 関東・東京郊外
 助川日立製作所
 宇都宮
 高 崎  
 太 田
 前 橋
 熊 谷  
 霞ヶ浦海軍航空基地
 木更津海軍航空基地
 館山海軍航空基地
 下志津飛行場
 津田沼
 船 橋
 松戸飛行場
 狭山飛行場
 所沢飛行場
 立川飛行機工場
 中島飛行機鋳物工場(保谷)
 調布飛行場
 正田飛行機工場
(武蔵野・三鷹)
◆4◆ 東京都内
 造兵廠群(赤羽)
 鐘ヶ淵紡績工場
 石川島造船所
 芝浦飛行機工場
 羽田飛行場
◆5◆ 神奈川県
 川 崎
 横 浜
 富岡海軍航空基地
 横須賀海軍基地
 浦賀造船所
 平 塚
◆6◆ 東 海
 清 水
 蒲 原
 浜 松
 浜松西部
 三方原飛行場
 豊橋兵器廠
 名古屋北東部
 三菱重工業(名古屋北部)
 三菱重工業(名古屋南部)
 豊田製鋼(名古屋港南部)
 トヨタ自動車工業(挙母)
 刈 谷
 中島飛行機工場(半田)
 各務原飛行場
 東洋ベアリング工場(桑名) 
 鈴鹿海軍航空基地   
 四日市
 鳥羽ドック
◆7◆ 近 畿
 大 津
 舞鶴海軍航空基地
 舞鶴海軍基地
 京 都
 京都南部
 阪神飛行場(八尾)
 大阪造兵廠
 大阪港
 木津川飛行場
 伊丹飛行場
 川西航空機工業(西宮)
 川崎鉄道車輛工場(神戸港)
 川崎飛行機工場(明石)
 大日本セルロイド(網干)
 日本製鉄(広畑)
 播磨造船所
◆8◆ 中国・四国・九州
 宇 野
 三 原
 因 島
 広 島
 呉
 広
 江田島
 室 積
 下 松
 笠戸島
 大 島
 徳 山
 高松飛行場
 美濃島
 新居浜
 高 知
 須 崎
 大 分
 鶴 崎
 佐賀関
 臼 杵
 佐 伯
 延 岡

◎北海道から九州まで、計119点の地図を収録。

米海軍が作製した『日本攻撃目標地図』の中から極めて重要な地図119点を収録。

◎地図上の重要な施設約600ヶ所を詳細に解説。

編者が本書を編纂するにあたって、収録した各地図に掲載されている戦前期の軍事施設や工場600ヶ所を詳細に解説。図中にある数字は各目標に米軍が付けた番号であり、解説文にも付した。