HOME書籍検索四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 全21巻四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第1回配本 全3巻 > 四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第3巻 正仁親王実録

四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第3巻 正仁親王実録

四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第3巻 正仁親王実録

定価27,000円(本体25,000円) 
ISBN 978-4-8433-5327-1
刊行年月 2018年01月

オンライン書店

オンライン書店で『四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第3巻 正仁親王実録』の情報をチェックする

本書の内容

● 正仁親王〔ただひと・しんのう〕元禄七年(一六九四)〜享保元年(一七一六)
父は有栖川宮幸仁親王。母は家女房児島氏。多嘉宮と号する。宝永五年(一七〇八)に東山天皇猶子となり、同年親王宣下。宝永四年には家蔵の後西天皇画像を複製し泉涌寺へ奉納。同寺が護持する歴代天皇肖像の内、唯一欠けていた後西天皇の御影を補完する。宝永七年に前将軍綱吉の養女・竹姫(綱吉側室寿光院の姪)と婚約するが、親王が薨去したため輿入は行われなかった。