HOME書籍検索四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 全21巻 > 四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第1回配本 全3巻

四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第1回配本 全3巻

四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第1回配本 全3巻

揃定価81,000円(揃本体75,000円) 
ISBN 978-4-8433-5320-2
刊行年月 2018年01月

本書の内容

四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第1巻 好仁親王実録

刊行年月 2018年01月 定価27,000円 (本体25,000円) IISBN978-4-8433-5325-7

● 好仁親王〔よしひと・しんのう〕慶長八年(一六〇三)〜寛永一五年(一六三八)
後陽成天皇の第七皇子。はじめ七宮、後に三宮と称される。慶長一七年親王宣下。寛永二年に高松宮の宮号を賜わる。寛永四年高仁親王(母・徳川和子)誕生祝賀のため、同九年徳川秀忠薨去の弔問のため江戸に下向。同七年、秀忠養女・寧子を妃とするが、同一五年嗣子が無いまま薨去。甥の良仁親王(後水尾天皇の第七皇子〔『良仁親王行実』による〕。後の後西天皇)が継嗣となる。後西天皇の代に宮号が高松宮から有栖川宮へ改められたため、同宮の祖とされる。

四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第2巻 幸仁親王実録

刊行年月 2018年01月 定価27,000円 (本体25,000円) IISBN978-4-8433-5326-4

● 幸仁親王〔ゆきひと・しんのう〕明暦二年(一六五六)〜元禄一二年(一六九九)
後西天皇の第二皇子。はじめ二宮、後に多嘉宮と称される。寛文七年(一六六七)高松宮を継承、同九年に親王宣下。同一二年有栖川宮に改称される。謡や能楽、牡丹の栽培を好み、貞享三年(一六八六)に霊元天皇より能書方伝授、元禄二年には飛鳥井雅豊から蹴鞠免許。同年、徳川光圀編『扶桑拾葉集』の序文を記している。同七年に伏見宮貞致親王の薨去により若くして四親王家の長老となるが、自身も五年後に薨去。

四親王家実録 第Ⅲ期 有栖川宮実録 第3巻 正仁親王実録

刊行年月 2018年01月 定価27,000円 (本体25,000円) IISBN978-4-8433-5327-1

● 正仁親王〔ただひと・しんのう〕元禄七年(一六九四)〜享保元年(一七一六)
父は有栖川宮幸仁親王。母は家女房児島氏。多嘉宮と号する。宝永五年(一七〇八)に東山天皇猶子となり、同年親王宣下。宝永四年には家蔵の後西天皇画像を複製し泉涌寺へ奉納。同寺が護持する歴代天皇肖像の内、唯一欠けていた後西天皇の御影を補完する。宝永七年に前将軍綱吉の養女・竹姫(綱吉側室寿光院の姪)と婚約するが、親王が薨去したため輿入は行われなかった。