HOME書籍検索ビジュアル 日本の鉄道の歴史 全3巻 > ビジュアル 日本の鉄道の歴史 ③昭和後期~現代 編

ビジュアル 日本の鉄道の歴史 ③昭和後期~現代 編

ビジュアル 日本の鉄道の歴史 ③昭和後期~現代 編

定価3,024円(本体2,800円) 
ISBN 978-4-8433-5121-5
刊行年月 2017年06月

オンライン書店

オンライン書店で『ビジュアル 日本の鉄道の歴史 ③昭和後期~現代 編』の情報をチェックする

本書の内容

日本列島が1本の線路で結ばれる!!

終戦から10年くらい経つと、日本の鉄道もこれまでの蒸気機関車から次第に電気、ディーゼルによる車両に変貌を遂げていきます。車両は航空機の製造技術を応用してとても軽くなり、1両の機関車が牽引可能な車両も数が増えてきました。また、幹線の複線化や新幹線が開通し、一度に多くの人を輸送することができるようになっていきました。そして1988(昭和63)年には青函トンネルの開通によって日本列島が1本の線路で結ばれました。その後、新幹線の最高速度は時速320kmになり、超電導リニアモーターカーの実験もスタートしました。