HOME書籍検索美術批評家著作選集 全21巻【全21巻堂々完結!!】美術批評家著作選集 第5回 全2巻 > 美術批評家著作選集 第18巻 仲田定之助

美術批評家著作選集 第18巻 仲田定之助

美術批評家著作選集 第18巻 仲田定之助

[編・解説] 五十殿利治 [編・解説] 梅宮弘光 [日記翻刻] 寺門臨太郎 [日記翻刻] 山本佐恵 [日記翻刻] 江口みなみ

定価29,160円(本体27,000円) 
ISBN 978-4-8433-5028-7
刊行年月 2016年06月

オンライン書店

オンライン書店で『美術批評家著作選集 第18巻 仲田定之助』の情報をチェックする

本書の内容

仲田定之助(なかだ・さだのすけ 1888〜1970)は、一般には『明治商売往来』(1969年、第18回日本エッセイスト・クラブ賞)の著者として知られるが、戦前は単位三科結成など作家活動のほか、美術評論家としても活躍し優れたテキストを残している。本巻では日本国内外の同時代美術や写真、バウハウスへの関心とそれらを紹介・批評した多様なテキストを編纂。ベルリン滞在時の様子を記す貴重な日記を翻刻抄録。

Ⅰ 新興美術・同時代美術の批評と紹介
「アーキペンコを訪ふ」(週刊朝日1923年1月28日)/「北欧展を報ず 上・下」(報知新聞1924年12月5〜6日)/「ユゲクンスト及其作家」「出品目録」(『北欧新興美術展覧会図録』1924年12月)/「綜合雑誌の使命」(マヴォ1925年6月)/「眼鏡を捨てる—三科会員作品展覧会評」(中央美術1925年7月)/「ロシア社会主義聯邦ソーヴイエツト共和国の建築」(マヴォ1925年8月)/「ゲオルゲ・グロツスの作品とその踏んだ道」「グロツスの著書、版画、その他」(AS1925年11月)/「帝展の洋画」(アトリエ1925年11月)/「シャガールの横断面」「シヤガール・ワルデン・カンデンスキー」(アトリエ1926年2月)/「新実在の芸術—独逸に於ける最近の芸術傾向」(中央美術1926年6〜7月)/「独逸現代美術展覧会を見る」(アトリエ1926年12月)/「ウェリスト、ゲオルゲ・グロッス」(美術新論1927年3月)/「オツトー・デイツクスの作品」(美術新論1927年4月)/「フアリフオトン舞台形象 上・下」(東京朝日新聞1927年5月30〜31日)/「アリフオトン舞台形象試演に就いて」(美術新論1927年7月)/「三科進出」(アトリエ1927年8月)/「独逸の美術雑誌 上・下」(アトリエ1928年4〜5月)/「青の部屋」(美術新論1929年4月)/「第一美術協会の独逸作品」(アトリエ1929年7月)/「今日の建築」(『趣味の近代層』1930年)/「現代欧州彫塑展望」(『世界美術全集』34巻1930年)/「伯林の画商」(『世界美術月報』35号1930年)/「二科の超現実主義的作品」(美術新論1930年10月)/「ホツファー、ゼーワルド、バツベルガア其他—独逸画壇に動く人々」(アトリエ1931年1月)/「モダーニズムの部屋」(美術新論1931年10月)/「二科を透して見た一九三一年の横顔」(紀伊國屋月報1931年10月)/「帝展を通して見た時代の横顔」(美術新論1931年11月)/「団体論」(美術新論1932年3月)/「長谷川三郎氏の滞欧作品個展」(アトリエ1933年5月)/「第二十回二科会展所感」(アトリエ1933年10月)/「二科会と構造社の彫刻」(アトリエ1935年10月)/「オリンピツク美術競技へ参加を勧むる書」(アトリエ1936年3月)/「リーバアマン抹殺その他」(アトリエ1938年6月)
Ⅱ バウハウスとデザインの批評と紹介
「『近代建築思潮』正誤に就て—濱岡周忠兄に」(建築新潮1925年6月)/「国立バウハウス 一・二」(みづゑ1925年6〜7月)/「バウハウス後記」(みづゑ1925年10月)/「ワルター・グロピウス推讃」(建築新潮1925年10月)/「分離派建築会展所感」(アトリエ1926年3月)/「商業美術の水平運動—商業美術家協会第一回作品展覧会」(工芸時代1926年12月)/「バウハウスを語る」(工芸時代1927年1月)/「作品(三科展出品)」(建築画報1927年9月)/「一九二七年無選共同建築展覧会を見る」(アトリエ1928年1月)/「土地会社のポスター」(『現代商業美術全集』2巻1928年)/「商業美術雑考」(『商業美術月報』1号1928年6月)/「クラデラダツチの漫画ポスター」(『現代商業美術全集』14巻1928年)/「バウハウス」(アトリエ1928年9月)/「構成主義のポスター—カザツクの構成主義的広告観」(『商業美術月報』8号1929年3月)/「新形態美説」(アトリエ1929年5月)/「新建築形態と商店建築」(『現代商業美術全集』9巻1929年)/「濱田増治君素描」(アトリエ1929年9月)/「絵になつた自動車」(美術新論1929年9月)/「独墺に於ける装幀新傾向の展望」(『現代商業美術全集』21巻1929年)/「アドルフべーネの建築観」(国際建築1929年11月)/「新形態美論」(『最近美術の動き』1930年)/「独逸バウハウス」(『工芸美術を語る』1930年)/アドルフ・ベーネ「現代の目的建築 №1〜№3」(建築新潮1930年2〜4月)/「バウハウスに於ける文字単化の試み」(『現代商業美術全集』15巻1930年)/「創宇社建築展所感」(アトリエ1930年11月)/「ブルノ・タウトの半面」(アトリエ1934年1月)/「全日本商業美術展」(アトリエ1937年4月)/「濱ちゃん」(『八房の梅』濱田絹子編1941年4月)
Ⅲ 写真の批評と紹介
「写真芸術の新方向—モホリー・ナギーの近著から」(アサヒカメラ1926年10月)/「マン・レイの抽象写真」(アサヒカメラ1926年11月)/「写真の新傾向とその応用広告」(『現代商業美術全集』14巻1928年)/「カメラの感覚」(アサヒカメラ1933年7〜12月)/「新写真芸術の確立」(アサヒカメラ1933年9月)/「レンズの触手」(アサヒカメラ1934年1月)/「カメラの触手—正面をきつた肖像」(アサヒカメラ1934年3月)/「カメラの触手—女の脚を主題とした作品」(アサヒカメラ1934年4月)/「漫画写真—ニツクス・フアイニンゲルの作品」(アサヒカメラ1934年8月)/「海外写真雑誌展望」(アサヒカメラ1935年9〜12月)/「どんなスポーツ写真がいいか」(アサヒカメラ1937年4月)/「日本を知らせる写真展」(美術時代1938年1月)/「写真のオリンピック参加運動」(美術時代1938年3月)/「国展の写真」(みづゑ1939年5月)
Ⅳ その他
「戦争を主題とした絵画」(みづゑ1932年3月)/『ピカソ』(西洋美術文庫18巻1938年)/「人の和」(CAMEL1960年WINTER)/「マレーヴィッチの悲劇」(みづゑ1967年12月)/「回想の三科」(みづゑ1969年2月)
付・「仲田定之助日記(1922年〜1923年)抄」(翻刻)