HOME書籍検索 > 美術のポリティクス

美術のポリティクス

ゆまに学芸選書ULULA 9
美術のポリティクス
―「工芸」の成り立ちを焦点として

[著] 北澤憲昭

定価1,944円(本体1,800円) 
ISBN 978-4-8433-4170-4 C1370
四六判/上製カバー装
刊行年月 2013年07月

関連情報

オンライン書店

オンライン書店で『ゆまに学芸選書ULULA 9 美術のポリティクス ―「工芸」の成り立ちを焦点として』の情報をチェックする

本書の内容

美術における ジャンル形成の秘密を解き明かす 「工芸」概念形成史の決定版。

美術のハイパーインフレーション状況から「美術」の彼方をめざす「工芸」論

[著者]
北澤憲昭 美術評論家・美術史家 女子美術大学教授

目次

プロローグ――美術の階層秩序

第Ⅰ章 「美術」の形成と諸ジャンルの成り立ち
翻訳語「美術」の概念形成  「絵画」の中心化  「工芸」の不在と遍在  「工芸」ジャンルの成り立ちと「絵画」の純化  第三回内国博と一八八九年パリ万国博
彫刻と絵画のキャスリング  内国絵画共進会と工芸ジャンルの形成  「工芸」の原義  「工芸」と「工業」  KunstとGewerbe

第Ⅱ章 美術とナショナリズム/ナショナリズムの美術
    ――あるいは「工」の解体
「工」概念の解体  テクノロジーとしての絵画  工部美術学校  ナショナリズムの勃興と工部美術学校  美術における幽遠なもの――フォンタネージの教え  美術と「国躰」  国粋派と西洋派――幽遠さの追求  ナショナリズムと「工」  啓蒙の弁証法

第Ⅲ章 工芸とアヴァンギャルド――日本社会における造型のミーム
美術館の創設――制度の実体化  東京府美術館建設とアヴァンギャルド  アヴァンギャルドの終熄と美術館の落成  美術という制度  造型のミームとアヴァンギャルド  工芸/工業  理想大展覧会と造型  美術の制度と工芸  ボーダー・ゾーン、あるいは供犠のシステム――アヴァンギャルドと工芸  中心と周縁の反転――美術館とアヴァンギャルド

エピローグ――美術/ナショナリズムの彼方へ



後記

図版リスト