HOME書籍検索叢書・近代日本のデザイン 大正篇 全19巻叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第2回 全11巻 > 叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第28巻

叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第28巻

叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第28巻

定価16,200円(本体15,000円) 
ISBN 978-4-8433-3060-9 C3370
刊行年月 2009年05月

オンライン書店

オンライン書店で『叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第28巻』の情報をチェックする

本書の内容

※オンデマンド製作 2~3週間

●論文選 大正篇 本論文集には大正期の建築、デザイン、美術工芸の活動や主張を理解するために必要と思われるおもに雑誌に掲載された文章を収録した。時代の息吹や証言として貴重なドキュメントである。

★大正期デザインの動向―模索と志向 松岡壽「本邦図案界の過去と世界的進展の好機」(『現代の図案工芸』第四二号)/黒田鵬心「建築批評の標準」(『建築雑誌』第二九三号)/佐野利器「建築家の覚悟」(『建築雑誌』第二九五号)/他 ★建築をめぐって 伊東忠太「建設と国民」(『建築雑誌』第三二三号)/岡田信一郎「新日本の建築」(『建築雑誌』第三三七号)/野田俊彦「建築非芸術論」(『建築雑誌』第三四六号)/他 ★〈虚偽論争〉について 山崎静太郎「虚偽建築に就いて中村先生へ」(『建築雑誌』第三四七号)/中村達太郎「再び虚偽建築に就いて」(『建築雑誌』第三四九号)/中村達太郎「虚偽建築なりや否」(『建築雑誌』第三四五号)/他 ★分離派建築会結成前後・分離派建築会批判と反論・創宇社、新興建築ほか 石本喜久治「帝大建築科の現制を論じてそれが根本に及ぶ」(『建築世界』第一四巻第一)/中村鎮「建築界革新の気運(其一)」(『建築世界』第一四巻第八号)/岡村蚊象「創宇社とその第一回展」(『建築新潮』第五年第二号)/仲田定之助「ワルター・グロピウス推讃」(『建築新潮』第六年第一〇号)/伊藤清造「建築のプロレタリズム」(『建築新潮』第七年第七号)/他