HOME書籍検索叢書・近代日本のデザイン 大正篇 全19巻叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第1回 全8巻 > 叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第17巻

叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第17巻

叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第17巻

[解説] 花井久穂 [解説] 服部文孝 [著] 塩田力蔵 [編] 鈴木達三

定価32,400円(本体30,000円) 
ISBN 978-4-8433-3049-4 C3370
刊行年月 2008年11月 ※品切れ

オンライン書店

オンライン書店で『叢書・近代日本のデザイン 大正篇 第17巻』の情報をチェックする

本書の内容

●近代の陶磁器と窯業 塩田力蔵[著](昭和4年 大阪屋号書店) 
明治から大正、すなわちワグネルから板谷波山、富本憲吉、浜田庄司までを叙述する殆ど唯一の通史。この間一貫して陶磁生産に関わった著者によって、明治初期の美術振興から美術工芸に至る展開が作品とともに精緻に叙述される。

●瀬戸図案集 非売品 鈴木達三[編](大正7年 愛知県瀬戸図案研究会)
瀬戸窯業学校在職であった植野儀三郎、日野厚を中心に作成された陶磁器デザイン集。伝統意匠から抜け出そうとする新しい息吹が伝わってくる。