HOME書籍検索近代日本のセクシュアリティ 全35巻近代日本のセクシュアリティ 第5回配本 全6巻 > 近代日本のセクシュアリティ 第28巻

近代日本のセクシュアリティ 第28巻

近代日本のセクシュアリティ 第28巻
性教育の変遷

定価12,960円(本体12,000円) 
ISBN 978-4-8433-2978-8 C3336
刊行年月 2008年10月

オンライン書店

オンライン書店で『近代日本のセクシュアリティ 第28巻 性教育の変遷』の情報をチェックする

本書の内容

「純潔教育」は、戦後より六〇年代ごろまで展開された道徳教育を重んじる文部省の性教育方針である。その活動の一環として刊行された「純潔教育シリーズ」より、久布白落実(婦人解放運動家・一八八二~一九七二、『廃娼ひとすじ』(一九七三)など)による『純潔教育はなぜ必要か』。望月衛(一九一一~一九九三、心理学)による『青春期の性の心理』を収録。その対比となるよう、戦前の性教育を示す一冊として、『若き男女のための性知識』を併せ一巻とした。

『若き男女のための性知識』〈性知識普及叢書:第一輯〉昭和十一年/高千穂社出版部発行/性知識普及会[編]
【目次から】情熱を知らぬ性教育/少女期/春期発動期/性的本能/受胎から分娩まで/若き男女に与える性知識/迫り来る月経閉止期/性生活の本態

『純潔教育はなぜ必要か』〈純潔教育シリーズ2〉昭和二十四年/印刷庁発行/久布白落実[著]
【目次から】はしがき/純潔教育の目標/純潔教育の方針/純潔教育の対象/純潔教育の場所/純潔教育の方法/純潔教育の諸問題/むすびのことば

『青春期の性の心理』〈純潔教育シリーズ5〉昭和二十六年/印刷庁発行/望月衛[著]
【目次から】まえがき/考え方の根本―性教育の目的と要否論―/幼児から少年へ/青春期の生活