HOME書籍検索近代日本のセクシュアリティ 全35巻近代日本のセクシュアリティ 第3回配本 全6巻 > 近代日本のセクシュアリティ 第13巻

近代日本のセクシュアリティ 第13巻

近代日本のセクシュアリティ 第13巻
恋愛観の変遷1

定価19,440円(本体18,000円) 
ISBN 978-4-8433-2663-3 C3336
刊行年月 2007年07月

オンライン書店

オンライン書店で『近代日本のセクシュアリティ 第13巻 恋愛観の変遷1』の情報をチェックする

本書の内容

厨川白村の朝日新聞への連載「近代の恋愛観」(大正十年九月)は、連載中に起こった白蓮事件などとあいまって、空前の恋愛論ブームを巻き起こす。本巻には『近代の恋愛観』より、白村が反響を受け執筆した「再び恋愛を説く」を抄録。そのほか、土田杏村の著作『恋愛の諸問題』より、当時の人気知識人であった石原純の恋愛論に反論した「恋愛の本質」を抄録、そして、その石原純の昭和前期の著作『恋愛の史的考察』を収録した。

『近代の恋愛観』(抄)大正十一年/厨川白村[著]
【目次から】「再び恋愛を説く」(一 緒言として/二 革新の理想を見よ/三 質問第一/四 人生の問題として/五 恋愛と結婚と経済関係/六 一夫一婦、恋愛、貞操/七 恋愛と自由)

『恋愛の諸問題』(抄)大正十四年/土田杏村[著]
【目次から】「恋愛の本質」(第一序説/第二 性欲の純化とは何を意味するか/第三 性欲と恋愛価値との関係/第四 愛価値と恋愛価値)

『恋愛の史的考察』昭和六年/武侠社発行/石原純[著]
【目次から】序/一 恋愛の起源/二 恋愛の発達/三 中世前期に於ける恋愛/四 中世後期に於ける恋愛/五 近世に於ける恋愛/六 現代/七 近世期に於ける情痴風俗/八 明治初年情痴異聞