HOME書籍検索近代日本のセクシュアリティ 全35巻近代日本のセクシュアリティ 第1回配本 全6巻 > 近代日本のセクシュアリティ 第2巻

近代日本のセクシュアリティ 第2巻

近代日本のセクシュアリティ 第2巻
変態性欲と近代社会 1

定価20,520円(本体19,000円) 
ISBN 978-4-8433-2144-7 C3336
刊行年月 2006年07月

オンライン書店

オンライン書店で『近代日本のセクシュアリティ 第2巻 変態性欲と近代社会 1』の情報をチェックする

本書の内容

一八八六年にドイツ語圏で刊行された『変態性欲心理』の原著は、「近代性科学の出発点」(解説より)に位置し、「サディズム」「マゾヒズム」「フェティシズム」等の、「性倒錯者」の概念が、ここから生まれ、世界的に普及した。?外も本書から刺激を受けている。日本の知識社会に「変態性欲(=性倒錯)」を紹介、現代に通俗的な意味にまで定着した上記の言葉を、はじめて体系的に解説した古典的著作の翻訳。

『変態性欲心理』大正二年/大日本文明協会発行/エビング(R・V・クラフト=エビング)[著]/黒沢良臣[訳] 
【目次から】色情生活の心理学に関する事項 生理学的事項 生物学的事項 性欲病理学(神経性及精神性)総論(末梢性神経病/脊髄性神経病/脳性なる神経病/倒錯的衝動に於ける対異性性欲/代償的色情及び性欲衝動に因る対異性感覚の消失)病理各論(精神的障礙の種々なる定型及び状態に於ける病的性欲生活の現象/後天的精神薄弱状態/癲癇/週期性精神病/躁病/女子淫乱症と男子淫乱症/憂鬱症/ヒステリー/偏執病)性欲的生活と法律(陰部露出症の形式に於ける猥褻罪/強姦及び淫楽的兇殺/ザディスムスを基礎とせる身体損傷、物体毀損、及び動物虐待/マゾヒスムス及び色情的隷属/フェティシスムスに基づける身体損傷、強盗及び窃盗/十四歳以下のものとの猥褻行為/反自然的猥褻行為(獣姦及び鶏姦)/屍好症/近親姦淫/被監督者に対する不道徳なる行為)