HOME書籍検索日本外交史人物叢書 全27巻日本外交史人物叢書 第2回配本 全17巻 > 日本外交史人物叢書 第17巻 回顧八十年(佐藤尚武著・時事通信社・一九六三刊)

日本外交史人物叢書 第17巻 回顧八十年(佐藤尚武著・時事通信社・一九六三刊)

日本外交史人物叢書 第17巻 回顧八十年(佐藤尚武著・時事通信社・一九六三刊)

定価27,000円(本体25,000円) 
ISBN 978-4-8433-0683-3 C3331
A5判上製/函入
刊行年月 2002年12月 ※品切れ

オンライン書店

オンライン書店で『日本外交史人物叢書 第17巻 回顧八十年(佐藤尚武著・時事通信社・一九六三刊)』の情報をチェックする

本書の内容

佐藤尚武 1882~1971 大阪府生。本書は、前編が昭和二〇年四月に、後編が同三七年夏に執筆されたものである。佐藤尚武は、養父佐藤愛麿も有名な外交官であり、自身も有数のロシア・ソ連通の外交官として知られる。前編では、対露外交の回顧と軍部の台頭によって険しくなる国際環境の中で奮闘する様子が綴られる。後編では駐ソ大使として終戦交渉に尽力しながら、逆にソ連から対日宣戦を通告された時の無念、抑留について、また戦後の参議院時代や国連協会との関わりが語られる。