HOME書籍検索日本植民地文学精選集 第2期 全27巻 > 日本植民地文学精選集 第2期 日本植民地文学精選集46〔樺太編3〕 村の人々

日本植民地文学精選集 第2期 日本植民地文学精選集46〔樺太編3〕 村の人々

日本植民地文学精選集 第2期 日本植民地文学精選集46〔樺太編3〕 村の人々

定価19,440円(本体18,000円) 
ISBN 978-4-8433-0351-1 C3393
A5判上製/カバー装

オンライン書店

オンライン書店で『日本植民地文学精選集 第2期 日本植民地文学精選集46〔樺太編3〕 村の人々』の情報をチェックする

本書の内容

伊藤富士雄 1932年・白金文学会 鰊の大群をめぐる抗争、移民やロシア娘、秋祭など、 樺太の漁村の四季を通じてそこに生きる人々の様子を、青年警官水本の目を通して描く。樺太を取扱った最初の長篇小説。 (解説・木原直彦)