HOME書籍検索日本植民地文学精選集 第1期 全20巻 > 日本植民地文学精選集 第1期 日本植民地文学精選集10〔朝鮮編4〕 静かな嵐

日本植民地文学精選集 第1期 日本植民地文学精選集10〔朝鮮編4〕 静かな嵐

日本植民地文学精選集 第1期 日本植民地文学精選集10〔朝鮮編4〕 静かな嵐

定価15,660円(本体14,500円) 
ISBN 978-4-8433-0166-1 C3393
A5判上製/カバー装

オンライン書店

オンライン書店で『日本植民地文学精選集 第1期 日本植民地文学精選集10〔朝鮮編4〕 静かな嵐』の情報をチェックする

本書の内容

牧 洋(李石薫)著 1943年、毎日新報社刊。朝鮮文人協会講演隊員となった小説家朴泰民。講演先で聴衆から冷笑を浴びたりするが、試練を通じて時局に目覚めていく。苦悩の「転向小説」とも言える表題作など九篇を収録。(解説・白川豊)